カメラが高価だった昔と比べて、現在はスマホやゲーム機にもカメラが搭載されており、写真を撮る機会が増えています。気軽に写真を撮ることができる反面、写真があふれてしまって整理できない…と困ってしまったことはありませんか。また、昔現像したままの写真がたくさん残っている…という人も多いのではないでしょうか。ここでは、用途に合わせて上手に写真を残す方法をご紹介します。

データ写真の残し方

カメラが手軽になったことによって、日常のちょっとしたことも写真に収めることができるようになりました。そのため、スマホやデジカメのデータ写真がいっぱいになって溢れてしまう、見たい写真がすぐに取り出せない、という困ったことが出てきます。データ写真の残し方はいくつかありますので、自分に合った方法を選びましょう。

フォトブックとは思い出のつまったたからばこ

フォトブックとは、自分の好きな写真数枚を1冊の本にまとめたものです。アルバムの代わりにしたりプレゼント用に使われることもあります。その作成者の決めたテーマに沿ったたからものが詰まっているのです。

現像した写真の残し方

デジタルカメラが普及する前は、フィルムを現像するタイプのカメラが主流でした。運動会や文化祭で子供の様子を撮影し、現像を楽しみに待っていた経験がある人も多いのではないでしょうか。また、当時は修学旅行にインスタントカメラを持って行って、友達と撮影しあったりしました。懐かしい現像写真も整理しないで山のようにしているのはもったいない!写真を上手に整理して、言葉通り「思い出の1ページ」にしてしまいましょう。